溶接歪みを極限まで抑えたいなら、アルミ溶接板金.com

お問い合わせはこちら

0266-22-5502

FAX:0266-22-3879

アルミ溶接板金.com

よくある質問

  • 質問

    アルマイト処理を行う場合の注意点は?

    回答

    アルミの精密板金に対して、塗装を行う場合はキズが見えなくなりますが、アルマイト処理の場合はキズがそのまま残ってしまい、外観品質で問題になることがあります。特に、TIG溶接を行った後にグラインダー仕上げを行うと、アルマイト処理後もキズが大きく目立ってしまいます。
    キズや痕が問題になる場合は、溶接仕上げが不要なレーザー溶接を採用するか、そもそも溶接をしない方法も検討することが必要です。
    当社では、お客様のご要望に応じて、溶接方法や構造をご提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

アルミ 歪みレス板金

アルミカバー

アルミタンク

アルミレーザー溶接

アルミ筐体

アルミ精密板金

アルミ薄板溶接

アルミ溶接のことならお気軽にご相談ください

オンラインでの会議・商談を承ります

zoom商談始めました