溶接歪みを極限まで抑えたいなら、アルミ溶接板金.com

お問い合わせはこちら

0266-22-5502

FAX:0266-22-3879

アルミ溶接板金.com

よくある質問

  • 質問

    TIGには直流・交流がありますが、アルミはどちらが適していますか?

    回答

    アルミをTIG溶接する場合は、交流です。
    なぜなら、直流だと酸化被膜が形成され、溶着しないからです。
    ちなみに、鉄やステンレスは直流TIGで溶接を行うのが一般的です(交流TIGでも溶接できなくはないですが、直流TIGよりも交流TIGの方が、電極のタングステンの消耗が早くコストが掛かってしまいます)。
    アルミ溶接板金.comは、直流・交流切り替え可能なTIG溶接機を設備しておりますので、アルミはもちろん、鉄やステンレスなどの溶接も可能です。

アルミ 歪みレス板金

アルミカバー

アルミタンク

アルミレーザー溶接

アルミ筐体

アルミ精密板金

アルミ薄板溶接

アルミ溶接のことならお気軽にご相談ください

オンラインでの会議・商談を承ります

zoom商談始めました