溶接歪みを極限まで抑えたいなら、アルミ溶接板金.com

お問い合わせはこちら

0266-22-5502

FAX:0266-22-3879

アルミ溶接板金.com

アルミ板金にスポット溶接を採用する際のメリット・デメリット

アルミ板金に採用される溶接の方法として、スポット溶接があります。

 

このスポット溶接は、一般的には、TIG溶接・MIG溶接に比較すると歪み少ない溶接が可能なため、筐体やボックスなどの箱ものを中心に小物の溶接にも採用されています。さらにTIG溶接・MIG溶接に比較すると作業性も高くなります。

 

しかし、アルミへのスポット溶接という事に絞ってお話すると、実は、信頼性が問題になる事があります。鉄やステンレスの板に対してスポット溶接を行う場合、条件設定を行えばほぼ確実に溶接を行うことができますが、アルミの場合はアルミ板の表面状態など、さらにシビアな条件設定が必要となり、普通にスポット溶接を行っても確実に溶接が行われないことがあります(さらにスポット溶接がきちんと行われているか否かは外観検査では判別ができないため、アルミのスポット溶接を行った場合は、スポットした部分に非破壊検査を行って確認するしか方法がありません。なお、同様の方式としてリベット留めがありますが、この場合は外観から判断が可能です)。

 

アルミ溶接板金.comでは、溶接を伴うアルミの精密板金の歪みを最小限にするため様々な取り組みを行っておりますが、同時に溶接の信頼性も追求しております。お客様の使用環境や用途などをお伺いし、最適な溶接・締結方法をご提案しておりますので、スポット溶接を行うようなアルミ板金でもいちどご相談ください。

溶接技術

カテゴリー一覧

アルミ溶接のことならお気軽にご相談ください

オンラインでの会議・商談を承ります

zoom商談始めました