溶接歪みを極限まで抑えたいなら、アルミ溶接板金.com

お問い合わせはこちら

0266-22-5502

FAX:0266-22-3879

アルミ溶接板金.com

厚みが違う板を溶接すれば、必ず歪みは発生! それを回避した設計上の「ある秘訣」とは?

今回は板厚が大きく異なる1.0mmと10mmのアルミ溶接で、必ず発生してしまう溶接歪みと凹凸を、設計上の「ある秘訣」で解消したVE提案事例をご紹介します。

この事例では設計方法の変更によって溶接箇所を減らし、歪みと凹凸を解消する提案を行いました。

 

当初、外観部に溶接歪みと凹凸が発生してしまった写真がこちらです。

溶接箇所の裏側はこちら。

この製品は2つの部品

・部品①:t-1.0mm(写真で左半分が塗装されている外観部品)

・部品②:t-10mm(部品①の裏側から溶接されている部品)

で構成されており、それぞれの部品は溶接で接合しています。

しかし溶接箇所に凹凸が発生、全体も歪んでしまい外観を損ねてしまいました。

実は今回の事例のような板厚違いの溶接では、歪みは必ず発生するもので、塗装などの表面処理を行っても隠すことは非常に困難です。

 

そこでアルミ溶接板金.comを運営するCREST PRECISIONでは、設計上の「ある秘訣」で溶接箇所を減らす提案を行いました。

 

設計変更後に加工した製品はこちら。

当初の溶接方法で発生していた、外観部の凹凸と歪みが解消できました。

 

当初の製品(写真:右)と、設計変更後の製品(写真:左)を比較するとその差は一目瞭然です。

では本事例で採用した設計上の「ある秘訣」とは、どんな方法でしょうか?

詳細はぜひ当社までお問い合わせください!

当社への問い合わせはこちら

 

本事例のように、アルミ溶接板金.comを運営するCREST PRECISIONでは、月3,800件の新規試作実績からくるノウハウで日々お客様にVE提案を行っております。

精密板金加工で何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

 

当社への問い合わせはこちら

当社の製品事例はこちら

溶接技術

カテゴリー一覧

アルミ溶接のことならお気軽にご相談ください

オンラインでの会議・商談を承ります

zoom商談始めました